マックスレイドバトル

ポケモンソード・シールド(ポケモン剣盾)で登場する新バトルシステム「マックスレイドバトル」について解説。

目次

マックスレイドバトルとは

ポケモンソード・シールドでは、4人のポケモントレーナーが協力して野生のダイマックスポケモンに挑戦する「マックスレイドバトル」が登場する。マックスレイドバトルでは4人のトレーナーがそれぞれ1匹のポケモンを手持ちやボックスから選んで戦う。選んだポケモンは途中で交換できない。また、マックスレイドバトルでは、参加する味方4人のトレーナーの内、誰か1人が1回だけ手持ちポケモンをダイマックスさせることができる。

マックスレイドバトル参加方法

マックスレイドバトルには、ローカル通信で近くにいるトレーナーと共に参加できるほか、インターネット通信で世界中のトレーナーと参加することもできる。トレーナーが4人集まらなかった場合は、サポートトレーナーが参加して戦ってくれる。マックスレイドバトルに参加するには、野生のダイマックスポケモンが出現する場所まで行き、YY通信(ワイワイ通信)で一緒に戦う参加者を募集する。

野生のダイマックスポケモンの出現場所

野生のダイマックスポケモンは、ガラル地方にある「ワイルドエリア」と呼ばれる場所にある「ポケモンの巣」に出現する。「ポケモンの巣」からは赤い光の柱が地面から空に向かって伸びているので、ワイルドエリア内であれば遠くからでも場所がすぐに分かる。

野生のダイマックスポケモンの種類

マックスレイドバトルで挑戦できる野生のダイマックスポケモンの種類は、ワイルドエリア内の場所や天気によって変わる。ワイルドエリアの天気は毎日変化するため、日ごとに様々なダイマックスポケモンが登場する。マックスレイドバトル限定で登場するポケモンもいる。

野生のダイマックスポケモンとバトル

ダイマックスさせたポケモンは通常3ターン経過すると元の姿に戻るが、マックスレイドバトルで登場する野生のダイマックスポケモンは、バトル中ずっとダイマックスした姿を保つ。野生のダイマックスポケモンは通常の技の他にダイマックスわざを使用してくる。また、状況に応じて1ターンに2回攻撃したり、こちらのポケモンの特性や能力変化を打ち消すなど、特殊な行動をするポケモンもいる。

野生のダイマックスポケモンのバリア

野生のダイマックスポケモンは、HPが半分程度まで減ると「ふしぎなバリア」を張ってくる場合がある。バリアが張られると攻撃してもほとんどダメージを与えられなくなる。バリアが張られると敵のHPゲージの下にバリアゲージが表示され、攻撃力の高い低いに関わらず味方ポケモンが1回攻撃するごとにゲージが1減る。ダイマックスわざだと2減らすことができる。ゲージを5減らすとバリアが壊れて通常通りダメージを与えられるようになる。

味方ポケモンを「おうえん」する

マックスレイドバトルでは自分のポケモンが倒れされてしまっても、残った他のトレーナーのポケモンを「おうえん」することができる。味方ポケモンを「おうえん」すると、HPが回復するなどの効果が発生する。

野生のダイマックスポケモンをゲット

マックスレイドバトルで野生のダイマックスポケモンを倒すと、バトル終了後に倒したポケモンを捕まえるチャンスが訪れる。また、バトル後に様々なアイテムを入手できることもある。

ソード・シールド発売前全記事



スポンサーリンク