コフーライ

コフーライのポケモン図鑑データ。ソード・シールド対応版。[ガラル地方に不登場]

スポンサーリンク

基本データ

全国 No.665 コフーライ
コフーライ 分類: こなふきポケモン
タイプ: むし
高さ: 0.3 m
重さ: 8.4 kg
種族値 タイプ相性 (ダメージ倍率)
HP 45
攻撃 22
防御 60
特攻 27
特防 30
素早さ 29
合計 213
×4
×2 ほのおひこういわ
×1/2 くさじめんかくとう
×1/4
無効
特性
だっぴ ターン終了時に1/3の確率で状態異常が治る。
隠れ特性 (夢特性)
フレンドガード 自分以外の味方ポケモンが受けるダメージが3/4になる。
野生で出現した時に持っている道具
[XY] -
[ORAS] -
[サンムーン] -
[USUM] -
[剣盾] -
基礎経験値 捕捉率 最終経験値 タマゴグループ
- 120 1000000
努力値 初期なつき 性別 孵化歩数
防御+2 70 ♂:♀=1:1 3840歩

進化の流れ

コフキムシコフキムシ
コフーライコフーライ
[コフキムシをLv.9以上にレベルアップさせる]
ビビヨンビビヨン
[コフーライをLv.12以上にレベルアップさせる]

出現場所・主な入手方法

第6世代
【X】【Y】
[進化]コフキムシをLv.9で進化させる
【オメガルビー】【アルファサファイア】
[通信]他のソフトから送る
第7世代
【サン】【ムーン】
[通信]他のソフトから送る
【ウルトラサン】【ウルトラムーン】
[進化]コフキムシをLv.9で進化させる
【Let's Go! ピカチュウ】【Let's Go! イーブイ】
[不登場]入手不可
第8世代
【ソード】【シールド】(エキスパンションパス無し)
[不登場]入手不可
【ソード】【シールド】(鎧の孤島)
[不登場]入手不可

育成論

スポンサーリンク

覚えるわざ

    

※現時点ではこのポケモンは第8世代 (剣盾) に登場しません。

    

レベルわざ (サンムーン/USUM)

Lv. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
進化 まもる ノーマル 変化 - - 10 自分 ×
1 かたくなる ノーマル 変化 - - 30 自分 ×

おしえわざ (サンムーン/USUM)

Ver. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
USUM むしくい むし 物理 60 100 20 1匹選択
USUM てっぺき はがね 変化 - - 15 自分 ×
USUM エレキネット でんき 特殊 55 95 15 相手全体 ×

タマゴわざ (サンムーン/USUM)

Ver. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
共通 しびれごな くさ 変化 - 75 30 1匹選択 ×
共通 どくのこな どく 変化 - 75 35 1匹選択 ×
共通 いかりのこな むし 変化 - - 20 自分 ×

※タマゴわざはコフキムシが遺伝により覚える。

わざマシン (サンムーン/USUM)

No. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
17 まもる ノーマル 変化 - - 10 自分 ×
    

青文字は第7世代 (サンムーン) 以降での値。

レベルわざ (XY/ORAS)

Lv. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
1 かたくなる ノーマル 変化 - - 30 自分 ×
9 まもる ノーマル 変化 - - 10 自分 ×

おしえわざ (XY/ORAS)

Ver. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
ORAS むしくい むし 物理 60 100 20 1匹選択
ORAS てっぺき はがね 変化 - - 15 自分 ×
ORAS エレキネット でんき 特殊 55 95 15 相手全体 ×

タマゴわざ (XY/ORAS)

Ver. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
共通 しびれごな くさ 変化 - 75 30 1匹選択 ×
共通 どくのこな どく 変化 - 75 35 1匹選択 ×
共通 いかりのこな むし 変化 - - 20 自分 ×

※タマゴわざはコフキムシが遺伝により覚える。

わざマシン (XY/ORAS)

No. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲
17 まもる ノーマル 変化 - - 10 自分 ×

ひでんマシン (XY/ORAS)

無し

コフーライ情報

  • コフーライは2013年発売のポケモンシリーズ第6世代となる『ポケットモンスターXY』で初登場したポケモン。
  • 2013年6月15日発売のコロコロコミック7月号で発表された。
  • ビビヨンの1進化前のポケモンであり、レベルアップによってコフキムシ⇒コフーライ⇒ビビヨンと進化することが判明している。
  • コフキムシの首回りにマフラーのように存在していた体毛が伸びて全身を覆っており、顔だけが出たサナギのような姿をしている。