メブキジカ育成論

メブキジカの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

メブキジカの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

メブキジカの基本データ

全国 No.586(イッシュ No.092) メブキジカ
メブキジカ 分類 : きせつポケモン
タイプ : ノーマル / くさ
高さ : 1.9 m
重さ : 92.5 kg
種族値 タイプ相性
HP 80
攻撃 100
防御 70
特攻 60
特防 70
素早さ 95
×4
×2 炎 氷 格 毒 飛 虫
×1/2 水 草 電 地
×1/4
無効
特性
ようりょくそ 天気が晴れのとき、素早さのステータスが2倍になる。
そうしょく くさタイプのわざを受けると無効化し、攻撃のランクが1段階上がる。
隠れ特性(夢特性)
てんのめぐみ わざの追加効果が発動する確率が2倍になる。

メブキジカのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 メブキジカを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

メブキジカの特徴

【良いところ】

  • 特性「そうしょく」により草技に対して無償降臨ができます。攻撃技に限らず、「やどりぎのタネ」「ねむりごな」などの補助技も無効化できます。
    「やどりぎのタネ」+「みがわり」(やどみが)や「ねむりごな」「しびれごな」による状態異常撒きなど、厄介な戦法に対抗できます。

【悪いところ】

  • 水・電気・地面などのタイプに耐性を持ち、これらのタイプの技読みで繰り出せます。しかしメブキジカは耐久が薄く、繰り出し際のダメージが大きいです。これらの仮想敵への繰り出しでは、ユキノオーやフシギバナなどの耐久がより安定したポケモンの方がダメージが抑えられます。
    特に水・電気タイプへの役割を持つ草ポケモンとしては、ユキノオー・ナットレイが挙げられます。ユキノオー・ナットレイは他の草タイプと異なり、水・電気ポケモンが使う「れいとうビーム」「めざめるパワー氷」により弱点を突かれません。水・電気相手への繰り出しを重視するなら、弱点を突かれにくい彼らの方が安定します。
  • 対処しにくいポケモンであるゲンガー、火力が高いシャンデラ・ボーマンダなどの厄介な相手を呼び寄せます。パーティで対策することも大切ですが、対策しきれない範囲はメブキジカ自身で牽制することも必要です。「でんじは」「バトンタッチ」などの補助技を生かすのがオススメです。

メブキジカの型

【いろいろ流し型】

特性 :
そうしょく
性格 :
ようき
努力値:
攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:
たつじんのおび or オボンのみ
確定技:
メガホーン / ウッドホーン / とびげり
選択肢:
すてみタックル or おんがえし / バトンタッチ / でんじは /
やどりぎのタネ / つるぎのまい / こうごうせい

特性「そうしょく」を生かして草タイプを流すほか、水・電気・地面などのタイプに耐性を生かして繰り出します。

◆特性について

草対策の役割を持てる「そうしょく」です。

◆性格・努力値について

相手を流せるだけの火力を保つために攻撃全振りがオススメです。スイクンやシャワーズなど高耐久の相手を流しやすくなります。
素早さは95族で、激戦区の90族を抜いています。90族にはロズレイドやドレディアなどの仮想敵が位置するので、最低でも最速90族抜きまでは振ります。

◆持ち物について

  • たつじんのおび :
    スイクン・シャワーズなどの耐久が高い相手を流しやすくなります。
  • オボンのみ :
    役割の安定に役立ちます。

◆技について

  • メガホーン :
    草タイプへの遂行技です。
  • ウッドホーン :
    スイクン・シャワーズなど水タイプへの遂行技です。水タイプに繰り出すなら必須です。
    高耐久の水タイプを一撃で倒すには威力が足りません。しかし体力を回復できる効果で水相手の反撃「れいとうビーム」に強くなるため、相手を流しやすくなります。
  • とびげり :
    タイプ一致技や「メガホーン」に耐性がある鋼タイプへの牽制技です。
  • すてみタックル :
    メインウェポンになる技です。反動があるため、交代出しできる回数は減ってしまいます。
    サンダースなどの電気タイプへの遂行技にもなります。
  • おんがえし :
    タイプ一致の安定メインウェポンです。
  • バトンタッチ :
    交代読みで使い、交代先の相手を見てから有利な味方に交代するサポートができます。「そうしょく」の攻撃上昇もバトンできます。
  • でんじは :
    交代読みのまひ撒きで味方の鈍足アタッカーのサポートをします。無効化される地面タイプを呼び寄せにくい点では相性がよいです。
    ゲンガーやボーマンダなどの牽制しにくい相手に刺さります。
  • やどりぎのタネ :
    交代読みで撃ち逃げし、後続を回復させて負担を減らします。
  • つるぎのまい :
    交代読みで使いますが、交代先がシャンデラなど対処不可能な相手だと積み損となってしまいます。
    物理耐久が高いシャワーズ・スイクンを強制的に流しやすくなる効果もあります。
  • こうごうせい :
    便利な再生回復技です。交代読みで回復すれば繰り出せる回数を増やせます。
    天気で回復量が変わり、安定しないのが欠点です。

役割関係

【メブキジカを繰り出せるポケモン】

【メブキジカに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

サン・ムーン関連

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館