トルネロス育成論

トルネロスの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

トルネロスの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

トルネロスの基本データ

全国 No.641(イッシュ No.147) トルネロス
トルネロス 分類 : せんぷうポケモン
タイプ : ひこう
高さ : 1.5 m
重さ : 63.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 79
攻撃 115
防御 70
特攻 125
特防 80
素早さ 111
×4
×2 電 氷 岩
×1/2 草 格 虫
×1/4
無効
特性
いたずらごころ 変化わざを先制(優先度+1)で使える。
隠れ特性(夢特性)
まけんき 相手のわざや特性で能力のランクが下がると、攻撃のランクが2段階上がる。

トルネロスのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 トルネロスを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

トルネロスの特徴

【良いところ】

  • 飛行タイプなので、「じしん」を初めとする地面技に対して無償降臨ができます。「くさむすび」を覚えることができ、地面タイプに有利です。
    特に草技に4倍弱点を持つラグラージや、体重が重く「くさむすび」が高威力となるカバルドンに強いです。
  • 攻撃・特攻が高く、「くさむすび」「きあいだま」による攻撃範囲を持つためアタッカーとして期待できます。
    同じ種族値のボルトロスと異なり、「アクロバット」「エアスラッシュ」「ぼうふう」などの飛行技を使えます。

【悪いところ】

  • 格闘タイプに耐性があり、相手の格闘技読みで繰り出せます。虫タイプにも耐性があるため、一見ヘラクロスへの繰り出しにも期待できそうです。
    しかし格闘タイプには攻撃力が高い物理エースが多いです。トルネロスの耐久では半減してもダメージが大きい上に、格闘タイプに所持率が高い「ストーンエッジ」で弱点を突かれる危険があります。
    同じく飛行タイプで格闘に繰り出せるポケモンとしては、ボーマンダやギャラドスが挙げられます。彼らは特性「いかく」を持つため、交代際に受ける格闘技や岩技のダメージを抑えられます。格闘タイプへの繰り出しを重視したいなら、ボーマンダやギャラドスの方が向いています。
  • 全く同じ種族値のポケモンとしては、BWで対になるボルトロスが挙げられます。ボルトロスは飛行タイプを生かし、トルネロスと同様に地面タイプへの交代出しができます。また電気タイプの複合であり、耐性を生かしてメタグロスなどの鋼タイプにも繰り出せます。繰り出せる範囲はボルトロスの方が広いです。
    上記より、トルネロスを役割重視とするとボルトロスの劣化となってしまいます。特攻の高さを生かした特殊エースとしたいところですが、サブウェポンはボルトロスと被ります。またトルネロスのメインウェポンは「エアスラッシュ」「ぼうふう」とクセがあり、使い勝手がいい「10まんボルト」を持つボルトロスと比べると見劣りしてしまいます。ボルトロスは積み技「わるだくみ」で決定力を強化できることも特徴です。
    このように、役割重視でもエース仕様でもボルトロスの方が向いています。単飛行タイプの不遇さです。
  • 「ぼうふう」の通常の命中率は70と低いですが、雨時に必中となります。高威力の「ぼうふう」と高い特攻を生かし、雨パエースとして活躍できます。
    雨パエースとしては、キングドラなど「すいすい」を持つ水ポケモンが挙げられます。彼らは「すいすい」により上がった素早さで抜き性能を得るだけでなく、メインウェポンの水技の火力を強化できます。メインウェポンの火力が上がる水タイプの方が、雨パエースとしてトルネロスよりも期待値が高いといえます。
    トルネロスと水ポケモンを雨パで両立させたい場合は、パーティのバランスに影響します。雨パではエースの水タイプが苦手な草タイプの対策をトルネロスに任せられますが、肝心なユキノオーへの繰り出しは安定しません。また「ちょすい」シャワーズやハピナスに強いわけでもありません。

トルネロスの型

【特殊型】

性格 :
おくびょう or むじゃき
努力値:
特攻252 素早さ252
持ち物:
いのちのたま or あおぞらプレート or たつじんのおび
確定技:
ぼうふう or エアスラッシュ / くさむすび / きあいだま
選択肢:
とんぼがえり / みがわり

ウェポンのほとんどが特殊技なので、特殊型の方がムダがありません。まともなメインウェポンを持たないのが欠点です。雨前提なら必中の「ぼうふう」を使えますが、水技と異なり雨で火力が上がるわけではありません。

◆性格・努力値について

火力を保つために特攻に振ります。
激戦区の100族~110族を抜けるおくびょう最速がオススメです。物理技の「とんぼがえり」を使うならむじゃきも候補ですが、草特殊技読みで繰り出すときのダメージが大きくなります。

◆持ち物について

  • いのちのたま :
    技が固定されずに決定力を強化でき、バトル終盤の全抜きにも期待できます。
  • あおぞらプレート :
    「いのちのたま」と異なり体力を削りません。「ぼうふう」メインで押すなら役立ちます。
  • たつじんのおび :
    「くさむすび」の威力を上げることで地面タイプに遂行しやすくなります。

◆技について

  • ぼうふう :
    メインウェポンです。低命中なのが問題です。雨パに入れれば必中となりますが、雨をキープできるとは限りません。
    こんらんの追加効果にも期待できます。
    ボルトロスは覚えない技です。
  • エアスラッシュ :
    メインウェポンです。低威力なのが問題です。
    ボルトロスには使えない技ですが、覚えても使わないので差別化としては弱いです。
  • くさむすび :
    ラグラージやカバルドンなどの地面タイプへの遂行技です。
  • きあいだま :
    飛行技に耐性がある岩・鋼タイプへの牽制技です。
  • とんぼがえり :
    相手の交代読みで使います。交代先の相手を見てから有利な味方に交代できます。
  • みがわり :
    交代読みで使い、交代先の相手を確認してから攻撃技を選択できます。
    ピンポイント読みで流されることを防げますが、HPを削るのでその後繰り出しにくくなります。
    トルネロスが呼び寄せる相手は後続で対処しやすいポケモンが多いので、この技の優先度は高くありません。

【物理寄り二刀流型】

性格 :
むじゃき
努力値:
攻撃252 素早さ252
持ち物:
ひこうのジュエル
確定技:
アクロバット / アームハンマー or きあいだま
選択肢:
くさむすび / とんぼがえり / みがわり

タイプ一致「アクロバット」の決定力に期待する型です。素早さが高いのでバトル終盤の抜きにも期待できます。

◆性格・努力値について

メインウェポンの火力を高めるために攻撃に振ります。
激戦区の100族~110族を抜ける最速がオススメです。特殊技を多用するので性格はむじゃきです。

◆持ち物について

  • ひこうのジュエル :
    初回「アクロバット」を強化できます。ジュエルを消費してから技を使うため「アクロバット」の威力2倍効果と両立可能です。

◆技について

  • アクロバット :
    持ち物なしの状態で威力が110となるメインウェポンです。
    ボルトロスには使えない技です。
  • アームハンマー :
    飛行技に耐性がある岩・鋼タイプへの牽制技です。
    特にバンギラスの4倍弱点を突くことができます。
    素早さが下がり、全抜きの支障となるのが難点です。
  • きあいだま :
    飛行技に耐性がある岩・鋼タイプへの牽制技です。「アームハンマー」と異なり素早さが下がらないのがメリットですが、命中率が低いです。
  • くさむすび :
    ラグラージやカバルドンなどの地面タイプへの遂行技です。
  • とんぼがえり :
    相手の交代読みで使います。交代先の相手を確認しつつ有利な味方に交代できます。
  • みがわり :
    交代読みで使い、交代先の相手を確認してから攻撃技を選択できます。
    ピンポイント読みで流されることを防げますが、HPを削るのでその後に繰り出しにくくなります。
    トルネロスが呼び寄せるポケモンは後続で対処しやすいものが多いので、この技の優先度は高くありません。

役割関係

【トルネロスを繰り出せるポケモン】

  • ラグラージ
  • カバルドン

【トルネロスに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館