レパルダス育成論

レパルダスの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

レパルダスの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

レパルダスの基本データ

全国 No.510(イッシュ No.016) レパルダス
レパルダス 分類 : れいこくポケモン
タイプ : あく
高さ : 1.1 m
重さ : 37.5 kg
種族値 タイプ相性
HP 64
攻撃 88
防御 50
特攻 88
特防 50
素早さ 106
×4
×2 格 虫
×1/2 霊 悪
×1/4
無効
特性
じゅうなん まひ状態にならない。
かるわざ 持っているどうぐがなくなると、素早さのステータスが2倍になる。
隠れ特性(夢特性)
いたずらごころ 変化わざを先制(優先度+1)で使える。

レパルダスのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 レパルダスを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

レパルダスの特徴

【良いところ】

  • 高めの素早さと特性「かるわざ」を持ちます。「かるわざ」発動後にはほとんどのポケモンを抜くことが可能です。
  • 「ふいうち」「イカサマ」「アンコール」などトリッキーな読み技を使えます。相手にこれらの技を警戒させつつ戦えます。

【悪いところ】

  • エスパー・ゴースト技に耐性があり、「おいうち」「ふいうち」のセットを覚えます。超霊狩りとして期待できます。
    しかしレパルダスは超霊相手に所持率が高い「きあいだま」で弱点を突かれます。「きあいだま」は一貫性が高く、交代際に撃たれると紙耐久のレパルダスには致命的です。繰り出しにはかなりの危険が伴う上に、攻撃力が低いため返り討ちにされやすいです。超霊狩りの悪タイプとしては、格闘技で弱点を突かれないミカルゲの方が優秀です。
  • 特性「かるわざ」で一見速攻アタッカーになれそうです。しかし攻撃面の種族値が低く、使える技も少ないため決定力に期待できません。アタッカーとしても厳しいです。

レパルダスの型

【かるわざアタッカー型】

特性 :
かるわざ
性格 :
さみしがり or やんちゃ or おっとり or うっかりや
努力値:
特攻調整 素早さ調整 防御調整 残り攻撃
持ち物:
あくのジュエル or ノーマルジュエル
確定技:
ふいうち or おいうち or イカサマ or つじぎり
選択肢:
アンコール / めざめるパワー / くさむすび / ねこだまし / でんじは

◆特性について

素早さを上げ、一部の相手とのタイマンに強くなる「かるわざ」です。

◆性格・努力値について

性格で上げる能力は攻撃or特攻の選択です。攻撃を上げるとメインウェポンを強化できますが、「イカサマ」を使う場合は攻撃が必要ありません。特攻を上げるとメイン以外の技を強化できます。
性格で下げる能力は防御or特防の選択です。防御を下げると、物理技が多い先制技に弱くなります。特防を下げると、エスパータイプの特殊技読みで繰り出すリスクが上がります。エスパータイプへの繰り出しは全く安定せず、特防↓でなくともあまり期待できません。先制技に強くなる特防↓の性格とした方が汎用性があります。
努力値は要調整です。無振りでは足りなく、全振りでは勿体ないという能力が多いです。
攻撃に割くと悪技を強められますが、「イカサマ」に期待するなら振る必要はありません。攻撃特化でも、HP4振りスターミーを「ふいうち」でギリギリ確1にできない程度の火力です。火力不足は深刻です。
特攻は「めざめるパワー炎」で特防特化ハッサムを確2など、仮想敵を定めての調整が挙げられます。特攻全振りにすると、「めざめるパワー氷」でボーマンダを初めとするドラゴンを突破しやすくなります。
素早さは、特性発動前を考慮するなら最速80族抜き程度に振っておきたいところです。同時に「かるわざ」発動後に多くの「こだわりスカーフ」持ちの相手を抜けます。特性発動前を考慮しないなら努力値を削ってもよいです。
防御は先制技を警戒するなら振っておきたいところです。攻撃特化ハッサムの「テクニシャン」+「こだわりハチマキ」+「バレットパンチ」耐えなどが調整先として挙げられます。

◆持ち物について

「かるわざ」を発動できる消費アイテムがオススメです。

  • あくのジュエル :
    メインウェポンで倒せるような相手に繰り出しつつ「かるわざ」を発動させます。
  • ノーマルジュエル :
    「ねこだまし」と組み合わせて確実に「かるわざ」を発動できますが、ジュエルと組み合わせても攻撃力は低いです。

◆技について

  • ふいうち :
    タイプ一致の先制技です。「かるわざ」が未発動でも、スターミーやアグノムとのタイマンに強くなります。
  • おいうち :
    エスパー・ゴーストタイプの交代読みで使うことに成功すれば、逃がさずに狩れます。
  • イカサマ :
    威力95の悪技です。高威力な上に相手の攻撃でダメージが計算されるので、攻撃が高い相手を選べばこちらが攻撃無振りでも使えます。逆に攻撃が低い相手には使えないため、メインウェポンとしては安定しません。
  • つじぎり :
    「かるわざ」発動後のタイプ一致安定技です。威力は低いです。
  • アンコール :
    相手の「みがわり」や積み技読みで繰り出し、次のターンに先手「アンコール」で技を縛るコンボ封じになります。高耐久エスパーの「サイコキネシス」読みで繰り出したときに、技を縛って流しやすくする効果もあります。
    レパルダスを繰り出すチャンスを増やせる技です。
  • めざめるパワー :
    呼び寄せる相手への牽制技です。
    炎タイプ⇒悪技に耐性がある鋼タイプの弱点を突けます。特にハッサム・ナットレイの4倍弱点を突けます。
    氷タイプ⇒複合タイプの耐性や「いかく」により繰り出されるドラゴンタイプの弱点を突けます。特にボーマンダの4倍弱点を突けます。
  • くさむすび :
    バンギラスへの牽制技です。ついでにドサイドンやラグラージの4倍弱点を突けます。
  • ねこだまし :
    「ノーマルジュエル」と組み合わせて「かるわざ」発動に使います。威力が低く隙が大きい技です。
  • でんじは :
    交代読みで使い、まひ撒きで相手の素早さを下げるサポートができます。
    レパルダスは繰り出しにくいので、本来サポートに向いたポケモンではありません。

役割関係

【レパルダスを繰り出せるポケモン】

  • フーディン

【レパルダスに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

サン・ムーン関連

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館