ポケモンソード・シールド発売前情報まとめ

ポケモンソード・シールド(ポケモン剣盾)の発売前情報と更新情報まとめ。公式サイトやTwitter、YouTubeなどで判明した情報を時系列順にまとめています。(新しい情報が上)

目次

2019/07/12の情報

  • 7月12日(金)から全国のゲーム取扱店でポケモンソード・シールドの予約が開始。価格は各5,980円(税別)、ダブルパックは11,960円(税別)。
  • 同日から携帯専用機となる「Nintendo Switch Lite」の予約も開始(発売日は9月20日)。全国のポケモンセンターなどではザシアンザマゼンタが描かれた特別版「Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ」の予約も開始(発売日は11月1日)。価格はどちらも19,980円(税別)。

2019/07/09の情報

  • コロコロコミック5月号で開催された、ポケモンソード・シールドで新登場する「はがねタイプ最強クラスのわざ」の名前コンテストの結果が2019年7月9日(火)にコロコロオンラインで発表された。選ばれた新技の名前は「てっていこうせん」。「てっていこうせん」は今作で登場する新ポケモンのジュラルドンが覚えることができる。

2019/07/08の情報

  • 2019年7月8日(月)にポケモンソード・シールドの最新動画「キョダイマックス篇」が公開され、新要素キョダイマックスを始め、新ポケモンや新ジムリーダーなどの情報が判明した。
  • こいぬポケモン「ワンパチ」、せきたんポケモン「タンドン」、ごうきんポケモン「ジュラルドン」、クリームポケモン「マホイップ」が判明。
  • ガラルポケモンリーグ委員長のローズ、委員長秘書のオリーヴ、かくとうタイプのジムリーダーサイトウ、ゴーストタイプのジムリーダーオニオンが判明。
  • ジムチャレンジやチャンピオンカップなどのガラルポケモンリーグのシステムが判明。
  • 特定のポケモンがダイマックスしたときに起こる「キョダイマックス」という現象が判明。巨大化するだけでなく姿も変わり、「キョダイマックスわざ」を使うことができる。
  • ソード版とシールド版のバージョンによる違いがいくつか判明。ソード版ではモノズジャラコ、シールド版ではヨーギラスヌメラが出現する。また、ソード版ではジムリーダーサイトウ、シールド版ではジムリーダーオニオンとバトルになる。
  • ソード・シールドの各種早期購入特典・予約特典が判明。
  • ソフト予約で限定映像や豪華プレゼントなど特典多数の「ポケモンひみつクラブ」に参加できる。

2019/06/13の情報

  • 2019年6月13日(木)に公開されたファミ通によるゲームフリーク増田氏・大森氏へのインタビュー記事の中で、ポケモンソード・シールドのガラル図鑑に登場するポケモンや、ポケモンホームと今後の作品との連動、ソード・シールドの対戦機能などに関する新情報が公開された。
  • ポケモンソード・シールドでは、これまでに公開されたPV動画などに出てくるポケモン(及びその進化前・進化後)は全て登場する。
  • ガラル図鑑の今後のアップデート(ポケモン追加)については現段階では未定。
  • 未登場ポケモンはポケモンホームを介して今後の作品(ポケモンソード・シールド以降の作品)で活躍させる予定。
  • ポケモンソード・シールドではメガシンカZワザは登場しない。また、ダイマックスも今後の作品では登場するかどうか未定。
  • ポケモンソード・シールドでは第6・第7世代のようなレーティングバトルに似た通信対戦機能を実装予定。

2019/06/12の情報

  • 2019年6月12日(水)放送の「ニンテンドーダイレクト E3 2019」と、E3紹介のライブ放送「Treehouse Live」の中でポケモンソード・シールドのワイルドエリアやマックスレイドバトル、ポケモンホームに関する新情報が公開された。
  • ポケモンソード・シールドでは、ピカブイと同様に「モンスターボール Plus」の一部機能を使うことができ、お気に入りのポケモンをゲームの外に連れ出すことができる。ただし、コントローラーとして使うことはできない。
  • ガラル地方のみずタイプのジムリーダーであるルリナの姿が公開された。ルリナはカジリガメダイマックスさせてくる。
  • ワイルドエリアではシンボルエンカウントの他にランダムエンカウントでも野生ポケモンと遭遇する。草むらなどで「!」マークが出ると野生ポケモンとランダムエンカウントする。ランダムエンカウントではシンボルエンカウントで出現しないポケモンと出会える。
  • ワイルドエリアでは口笛を吹くことで野生ポケモンをおびき寄せることができる。また、近づくと逃げるポケモンには忍び歩き(しゃがみ歩き)で近づくことができる。
  • ワイルドエリアにはシナリオ序盤から行けるが、遠くまで行くとレベルの高いポケモンが最初から登場する。
  • ポケモンソード・シールドでは「自転車」が移動手段として再登場する。Bボタンを押しながらの移動でBダッシュができ、水に入ると自動的に水上自転車に変形する。
  • 水辺では釣りができる。水面に発生する泡に向かって釣り竿を使うとポケモンを釣り上げることができる。
  • ポケモンソード・シールドではポケモン交換・対戦は「YY通信」(ワイワイ通信)により行われる。他のトレーナーから交換や対戦の誘いがある場合、プレイ画面左下に「YY通信」のステッカー(通知アイコン)が表示される。「YY通信」はローカル通信とインターネット通信に対応している。
  • ワイルドエリアの各所には赤い光の柱が見える。赤い光の柱の元には「ポケモンの巣」があり、ダイマックスポケモンとのマックスレイドバトルができる。
  • マックスレイドバトルでは4人のトレーナーがそれぞれ1匹のポケモンを手持ちやボックスから選び協力してダイマックスポケモンと戦う。選んだポケモンは途中で交換できない。
  • ダイマックスポケモンは状況に応じて1ターンに2回攻撃できることがある。
  • ダイマックスわざを使うと天気が変わることがある。ほのおタイプのダイマックスわざを使うと「ひでり」になる。
  • 野生のダイマックスポケモンは、HPが半分程まで減ると「ふしぎなバリア」を張ってくる。バリアが張られると攻撃してもダメージを与えられなくなる。バリアが張られるとHPの下にバリアゲージが表示され、攻撃力の高い低いに関わらず味方ポケモンが1回攻撃するごとにゲージが1減る。ダイマックスわざだと2減らすことができる。ゲージを5減らすとバリアが壊れて通常通りダメージを与えられるようになる。
  • 野生のダイマックスポケモンを倒した後はゲットするチャンスが訪れる。珍しいアイテムを入手できることもある。
  • ポケモンソード・シールドからポケモンホームに行き来できるポケモンはガラル図鑑に登場するポケモンに絞られる。

2019/06/05の情報

  • 2019年6月5日(水)放送の「ポケモンダイレクト」でソード・シールドの新情報が多数公開された。
  • ひつじポケモン「ウールー」、はなかざりポケモン「ヒメンカ」、かみつきポケモン「カジリガメ」、カラスポケモン「アーマーガア」といった新ポケモン4匹の姿が公開。「ヒメンカ」は「ワタシラガ」に進化する。
  • ガラル地方で最も多くのポケモンと出会えるエリア「ワイルドエリア」が登場。ワイルドエリアでは場所や天気で出会えるポケモンが変わり、カメラ(視点)を動かすことができる。
  • バトルの新要素としてポケモンが巨大化する現象「ダイマックス」が登場。登場する全ての種類のポケモンをダイマックスさせることができる。大きくなるだけではなく一部の能力が強化し、覚えている全てのわざが強力な「ダイマックスわざ」になる。3ターン経つと元のサイズに戻る。
  • 4人のトレーナーと協力して野生のダイマックスポケモンと戦う「マックスレイドバトル」が登場。野生ポケモンはバトル中はダイマックス化したままで、味方4人の内一人が手持ちポケモンをダイマックスさせることができる。バトル後、野生ポケモンを捕まえることができる。ローカル通信とインターネット通信に対応。
  • ガラルリーグチャンピオンのダンデ、ダンデの弟で主人公のライバルのポップ、ダイマックスの研究をしているポケモン博士のマグノリア、博士の孫のソニア、くさタイプのジムリーダーのヤローなどの人物が登場する。
  • ガラル地方のポケモンジムはスタジアムになっており、互いにダイマックさせてポケモンバトルをする。
  • 伝説ポケモンはソードの「ザシアン」(英名:Zacian)とシールドの「ザマゼンタ」(英名:Zamazenta)。ライオンのような姿をしており、ザシアンは口に剣を咥えており、ザマゼンタはたてがみが盾のようになっている。
  • 2019年7月12日(金)に予約開始、2019年11月15日(金)に全世界同時発売。

2019/05/29の情報

  • 2019年5月29日(水)放送の「ポケモン事業戦略発表会」で発表された新情報の中で、ポケモンソード・シールドにも関係する「Pokemon Home」(ポケモンホーム)の情報が公開された。
  • 「Pokemon HOME」は「すべてのポケモンが集まる場所」として2020年初旬にローンチされる予定。3DS・Nintendo Switch・ポケモンGOのポケモンを一か所にまとめることができるクラウドサービスとして展開される。交換機能を実装し、スマートフォン同士でポケモン交換できる。

2019/02/27の情報

  • ポケモンシリーズ第8世代目となる完全新作『ポケットモンスターソード・シールド』が、2019年冬にNintendo Switchで発売されることが、2019年2月27日(金)放送のポケモンダイレクトで正式発表。
  • ポケモンソード・シールドの冒険の舞台はガラル地方。ガラル地方には田園風景、近代的な都市、雄大な草原、険しい雪山などが存在。ガラル地方は一つの大きな島とその周辺の小島からなる。島の形や雰囲気からしてモデルはおそらくイギリス。
  • 最初の3匹のポケモンは、くさタイプの「サルノリ」(英名:Grookey)、ほのおタイプの「ヒバニー」(英名:Scorbunny)、みずタイプの「メッソン」(英名:Sobble)。サルノリは好奇心旺盛でやんちゃなこざるポケモン、ヒバニーは元気いっぱいに走り回るうさぎポケモン、メッソンはちょっぴり臆病で水に隠れて狙い撃つみずとかげポケモン。
  • ガラル地方にはポケモン第6世代(XY/ORAS)までと同様にポケモンジムとジムリーダーが登場。主人公はガラル地方を冒険しながらジムめぐりをしてチャンピオンを目指すことになる。
  • これまで見たことがないたくさんのポケモンが登場する。過去の新世代の傾向からするとおそらく進化前後を含めて100匹程度の新ポケモンが登場すると思われる。
  • その他、ポケモンダイレクトの動画から分かる点は、
    ・フィールドマップは3D
    ・風車がある街
    ・男女主人公ともに等身が高い
    ・湖
    ・霧の森
    ・高架線を列車が通る街
    ・くさタイプと思われるポケモンジム
    ・野生ポケモンはランダムエンカウント
    ・トレーナーバトル
    ・雪の町
    ・炭鉱
    ・芝生に描かれたミステリーサークル
    ・図書館
    ・ユニフォームを着た主人公とサッカースタジアム
    ・蒸気機関
  • 登場が確認された過去作のポケモンは、ピカチュウチラーミィヨワシアゴジムシホーホージヘッドフライゴンウォーグルホエルコニャオニクス(♀)、ルカリオバンギラスゴンベ

発売前全記事



スポンサーリンク