ランクルス育成論

ランクルスの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

ランクルスの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ランクルスの基本データ

全国 No.579(イッシュ No.085) ランクルス
ランクルス 分類 : ぞうふくポケモン
タイプ : エスパー
高さ : 1.0 m
重さ : 20.1 kg
種族値 タイプ相性
HP 110
攻撃 65
防御 75
特攻 125
特防 85
素早さ 30
×4
×2 虫 霊 悪
×1/2 格 超
×1/4
無効
特性
ぼうじん 天気の影響でダメージを受けない。
マジックガード 相手の攻撃わざ以外でダメージを受けない。
隠れ特性(夢特性)
さいせいりょく バトルから引くと最大HPの1/3だけ回復する。

ランクルスのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ランクルスを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ランクルスの特徴

【良いところ】

  • 特攻種族値が125と高いです。「サイコキネシス」を主軸とした特殊エースとして期待できます。
  • 特性「マジックガード」により、攻撃技以外でダメージを受けません。
    「いのちのたま」の反動を受けないため、無償で決定力を強化できます。
    また「やどりぎのタネ」のダメージを受けないので、エルフーンやワタッコのやどみが対策になります。

【悪いところ】

  • 単エスパータイプの不遇さですが、タイプ耐性がほぼありません。タイプ耐性を生かした交代出しができません。
    バトルに出しにくいので、できるだけ止まりにくくしたいところです。しかし素早さが遅いため全抜きは厳しいです。
    特定の相手に役割を持つことも難しく、かといって全抜きエースにもなれません。安定した活躍を見込みにくいです。
  • エスパータイプのため、超霊狩りの「おいうち」により狩られてしまいます。「おいうち」を持つ超霊狩り要員としては、ハッサムやミカルゲが挙げられます。ハッサムと対峙した場合「とんぼがえり」or「おいうち」・ミカルゲと対峙した場合「ふいうち」or「おいうち」の不利な二択を迫られることになります。

ランクルスの型

【特殊エース型】

特性 :
マジックガード
性格 :
ひかえめ
努力値:
特攻252 HP調整 防御調整
持ち物:
いのちのたま
確定技:
サイコキネシス / きあいだま
選択肢:
かみなり / シャドーボール / でんじは / トリックルーム /
じこさいせい / めざめるパワー / サイコショック

◆特性について

「いのちのたま」と相性が良い「マジックガード」です。

◆性格・努力値について

特殊エースとして、ひかえめ特攻特化は確定です。
残りは耐久調整となります。HP振りがベースとなりますが、HP種族値が高いため防御に分けて振った方が物理耐久が高くなります。
素早さはカビゴンと同速ですが、意識するなら少し振ってもよいです。相手は「きあいだま」で2発なので、カビゴンに流されなくなります。

◆持ち物について

  • いのちのたま :
    「マジックガード」により反動を受けないため相性がよいアイテムです。

◆技について

  • サイコキネシス :
    安定メインウェポンです。
  • きあいだま :
    「サイコキネシス」に耐性がある悪・鋼タイプへの牽制技です。バンギラスへの特に強い牽制となります。ハッサムに等倍ダメージを与えたり、ハピナス・カビゴンの弱点を突くこともできます。命中率が悪いため、交代読みで当てたいところです。
  • かみなり :
    「サイコキネシス」「きあいだま」に耐性があるスターミーへの牽制技です。エスパータイプに等倍ダメージを与えることもできます。
  • シャドーボール :
    「かみなり」よりも威力が低いですが、スターミーを含めたエスパータイプの弱点を突けます。
  • でんじは :
    交代読みで使います。相手の素早さを下げれば味方のサポートになりますが、後出しから流せる相手が少ないためサポートに向いたポケモンではありません。「リフレクター」「ひかりのかべ」も同じ扱いです。
  • トリックルーム :
    素早さが低いランクルスと相性が良いです。バトル終盤には素早さが高いポケモンが残されやすいので、終盤に使えれば全抜きもありえます。
    ランクルス自身が素早さ逆転の恩恵を受けるだけでなく、素早さが低い後続のサポートもできます。
  • じこさいせい :
    便利な再生回復技です。流せる相手が少ないため、交代読みでは使いにくいです。
    「でんじは」で相手をまひ状態にし、相手が行動不能のターンが来るまで回復連打で居座る戦法ができます。
  • めざめるパワー :
    炎タイプ⇒ハッサムやシュバルゴに交代読みで使います。他の鋼タイプは「きあいだま」で弱点を突けるため、実質ハッサムピンポイントの技です。見せ合いありルールで相手にハッサムがいても選出しやすくなります。
  • サイコショック :
    相手の防御でダメージ計算が行われる特殊技です。特殊受けであるハピナスを突破できます。この技で苦手なハピナスに対抗せずとも、こちらの物理エースをハピナスに繰り出せばよいので必要性は薄いです。

役割関係

【ランクルスを繰り出せるポケモン】

【ランクルスに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

サン・ムーン関連

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館